「ほっ」と。キャンペーン

アナスタシアの眉

昨日池袋の東武百貨店に出かけたところ、アイブロウトリートメントサロン『アナスタシア』のイベントをやると声をかけられました。


『アナスタシア本人が来店するんです!!!』とのこと。
アナスタシアご本人を見られることはまず無いな~と思ってイベントに参加することにしました。


e0193999_12551472.jpg



待つこと10分、アナスタシア・ソワレさん登場!

e0193999_125662.jpg



パンフレットの写真と見比べて・・・実物の方が断然キレイ!!!
アナスタシア・ソワレさんはルーマニア出身(東欧美女なんですね~)で、学生時代からアートコースを専攻、ルーマニアカレッジでは建築学と芸術を専攻していたそうです。
1989年アメリカに亡命して(時代を感じる!)、90年よりLAでエステティシャンとしてのキャリアをスタート。眉トリートメントをサービスで行ったところ、評判となり、2年後独立したそうです。


そんなアナスタシア・ソワレさんのテクニックを、間近で見ることができて感激!!!
どんどん手が動いていき、あれよあれよと言う間にきれいなアーチ眉が出来上がって行くのに感動しました。


e0193999_1314982.jpg




施術をしている間に会場からの質問受付コーナーがあったのですが、ここは日本なので質問がなかなか上がりません…。
偶然にも司会者のすぐ脇にいた私はマイクを向けられてしまったので、意を決して質問しました!


私『私は薄眉でしかも眉尻が下がり気味で殆ど無く、眉毛を描くのがとても難しいのですがポイントはありますか???』


アナスタシアさんは私の眉をじーっとみて、『お時間があれば、実際に書きましょう!』と。
えーっ!私の眉、書いてくれるの???と大興奮してしまいました!!!


来日直前にはアカデミー賞当日のペネロペ・クルス、ジェニファー・ロペスの眉を仕上げてきたという方が、私の眉を書いてくれるなんて、奇跡に近いですよね~。


と言うことで、実際に書いていただいた眉がこちら。
正面から見るとこんな感じです。


e0193999_13122789.jpg



この写真だとわかりにくいと思いますが、眉尻をこんなに長く描くことは無かったし、眉頭をこんなに下げて描くことは無かったので、かなり変わった印象になりました。


サイドから見るとこんな感じです。
サイドから見た眉の形がキレイなのにとてもびっくりしました。


e0193999_13133063.jpg




アナスタシア眉の特徴は・・・
☆骨格・筋肉・フェイスバランスを見極めて自分だけの眉をつくりあげる
☆顔を立体的に捉えて形づくるので、正面だけでなく横顔もきれい
☆切らず・抜かず・剃らず」不要な眉毛を脱毛ワックスで処理するため、きれいな形が長持ち



薄眉でコンプレックスの私ですが、眉の描き方ひとつでこんなキレイなアーチ眉が描けるんだ~と感動でした。


アナスタシアさんはとにかく『眉は大事に育てて長さを出して、決して抜きすぎない!』ということを声を大にして言っていました。


アナスタシアさんの方法でがんばってお手入れを続けたら、薄眉に悩むことも無くなるかもしれません。


あまりにも緊張して、ちょっと上の空で施術してもらったので、そのうちサロンに出かけてキチンとカウンセリングしてもらおうかな・・・。



*********************


セカンドブログ更新中です♪

chamの毎日
[PR]
by chamcham1016 | 2010-03-15 12:50 | Make up